スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲[--:--:--] | スポンサー広告 | コメント:- | トラックバック:- 

2005年08月04日

子どもと遠足!

小学生の放課後遊びの会の遠足に、ボランティアとして参加してきました!行き先は青山・こどもの城。僕は、もう1人のボラと共に、自閉症の小6の子・ヤッくんに付き添い、一緒に行動しました。

いやはや、かなり気を遣ったなー、と感じます。「そっち行ったらダメだよ」など、否定的な言葉かけをすると、荒れてしまい、思い切り爪を立ててしまう。だから、「こっちの方においで」など、言い方を工夫しなければならない。これ、意外と難しかったな。ヤッくんのお母さんに色々と入れ知恵してもらったよ。


こどもの城では、展示されていたレーシング・カーに興味津々。柵をまたいで車に乗ろうとして、静止する。
「入っちゃいけないよ。」
そしたら荒れてしまう。うぬぬ、難しいわぁ。

次に、車のシミュレーション・ゲームをやろうとする。言うならばリッジ・レーサーみたいなやつです(笑)。それ、結構子どもが並んでて、午前は予約いっぱいだったのね。それを伝えたら荒れる荒れる。

「午後ならできるかもよ」など、必死に声かけをしてアスレチックに移動。そこでは笑顔になって遊びまくっていたからよかった。ふう。

で、午後になったら即行でゲームを予約し、何とかプレイさせてあげられたんだけど、すっごく嬉しそうにしてくれた☆いやー、よかったよかった。このころには僕らも慣れはじめ、その後は比較的スムーズに進んだかな。手は引っかき傷でいっぱいだけど(苦笑)。。


ま、この一日でだいぶヤッくんとも慣れたと思われるので、次に接する時にはお互い楽なのではなかろうか。やっぱり人との接し方ってえのは、何回も何回も会って”体得”するに限るのかもね。接するうちにその人の性格・癖など、人間がわかっていくから。徐々に徐々に。そうすると、その人とどう接すれば良いのかが、自然と理解できてくる。これは障害があろうが無かろうが、関係なくね。やっぱり、人と接するのは飽きない♪
スポンサーサイト

▲[23:00:07] | Diary | コメント:1 | トラックバック:- 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。