スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲[--:--:--] | スポンサー広告 | コメント:- | トラックバック:- 

2005年05月21日

ゆとりのない死

わずかな時間の遅れを取り戻したいが故に、ああまでの惨事になったJR西日本の脱線事故。当の運転士は、10秒の遅れを上司3人から詰問され、「回復運転」できなかったことを叱責された、という過去もあるみたい。その10秒の遅れの原因とは、遠足の小学生の団体乗車。

こんなんじゃあ、運転士になりたい人も気が引けちゃうよ。JR東日本に3年前に就職した友達は、今車掌をやっているのだけど。今どうしているのだろう。

今回の件みたいに、ちょっと遅れたらすぐ反省文なんていう、”減点法”に支配されてたら息苦しい。それが仕事ってやつなのかもしれないけど。。。でもそれで必死こいて喰らい付いて仕事人間になって、溜め込んで溜め込んで過労死、なんつったら元も子もないね。


高校時代、僕の何代か上の先輩は、過労によって死にました。名も知らぬ人だけど。彼は、一生懸命勉強して勉強して勉強して、志望の大学の切符を手にした。でもその数日後、起きるべき時間なのに起きてこないのを心配し、部屋を開けた母親が見たものは死体となった彼でした。前の日の夜、ベッドに入ったままの姿。あまりにも急で、周りの誰にも予測のつかない死。

学年集会かなんかでこの話を聞き、「こういうことってあるんだな」って凄くゾクッとしたことを、最近ふっと思い出した。死因についてハッキリとは聞いてないけれど、ストレスと過労、みたいな感じで聞いてます。どっかでゆとりを持たなきゃあ人間ダメなんだな、て深く感じた。

たとえば、自分の部屋。普段僕はデジタル時計を愛用しているけど、部屋の壁掛け時計はみな、アナログです。部屋に居て、分刻み秒刻みで時間など知る必要はないから。何となく針で指し示してくれてるだけで良いし、それよりは空の色を眺めて一日の流れを感じるのが好きですね。。。

ささいなことだけど、これが僕の”ゆとり”かな?
スポンサーサイト

▲[20:12:27] | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:- 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。